お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『顔のないスパイ』 (2011/アメリカ)

   ↑  2012/11/19 (月)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー





顔のないスパイ【Blu-ray】 [ リチャード・ギア ]


●原題:THE DOUBLE
●監督、脚本:マイケル・ブラント
●出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック、クリス・マークエット、テイマー・ハッサン、マーティン・シーン 他
●ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口からすでに死んだとされていたソ連の伝説のスパイ「カシウス」の名前が浮上してくる。そこでCIA長官ハイランドは、かつてカシウスの追跡に実績を残した元CIAエージェントのポール・シェファーソンを呼び戻し、大学でカシウスの研究をしていたFBIの新人捜査官ベン・ギアリーと組ませて捜査に当たらせることに。カシウスに魅せられ「彼が殺しを復活させた」と信じるベンに対し、「カシウスは死んでおり事件は模倣犯の仕業」と一蹴するポールだったが・・・。





実は、勘違いして観てしまった映画だった・・・・
予告編を見てからタイトルを確認し、ウキウキしながら『寒い国から帰ったスパイ』や『裏切りのサーカス』といったスパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレ原作のような本格派スパイものかぁ!と物凄く期待して借りてきたら・・・アレレ??大味なサスペンス映画といった感じでした。ま、ちょっと拍子抜けはしてしまったものの、バートレット大統領、いやCIA長官としてあのマーティン・シーンもドドンと出演。タイトにまとまったハリウッドの娯楽映画として十分楽しめました。

ただですね【100%予測不可能な罠!!】【クライマックスに潜む罠を、あなたは見破れるか!?】なんていうあの煽り文句。もういい加減止めていただきたいです。「ハイハイもういいよ、わかったよ、ムリムリわかんないからごめんなさいね」と映画自体も流したくなってしまいますもん。こういう宣伝の仕方って、鑑賞前に映画から面白さを削ぎ落としてしまっていることに配給会社、宣伝担当の方はいい加減気付いてほしいものです。ってドサクサに紛れてちょっと文句言ってみました。


【書籍】寒い国から帰ってきたスパイ 【書籍】ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ
で、どうして"本格派スパイドラマ"として勘違いしてしまったかと考えてみたら・・・
MFS(旧東ドイツの諜報機関、通称シュタージ)で実在した伝説のスパイ・マスターの呼び名を持つマルクス・ヴォルフ(Markus Johannes "Mischa" Wolf)という人物が「顔のない男(The Man Without a Face)」と言われていたんですね。『顔のないスパイ』の原題こそ『THE DOUBLE』という、いかにも二重スパイを思わせるようなタイトルですが、これも先述したル・カレの小説を思い起こさせますし、しかもマルクス・ヴォルフは敵役のモデルとされていたとも言われるほど、スパイ小説をそのまま地でいくような存在でした。この『顔のないスパイ』という邦題を見てしまったら、ね、やっぱり混同しますよ。私だけなのかな!?






で、気を取り直してこの『顔のないスパイ』の話に戻りますが・・・
予告編でも展開されている通り、映画開始ちょうど30分で最初のネタバレがあっさりとやってきます。この流れがあまりにもスケバン刑事すぎてちょっと笑ってしまうんですが。しかもこの後は、リチャード・ギア様の面白演技にやられっぱなしでした。いや、ご本人はきっと全力で本気なのでしょうが。


spy1.jpg
正直、リチャード・ギアという俳優さんは演技派といわれる存在でもなく、その小さな目と表情の乏しさで一体何を考えているのか!?と私はいつも読めないんですが、それが毎回本当にうまく使われているなーと逆に感心してしまうんです。失礼な話ですよねスミマセン。でもこの映画で一番の衝撃だったのは、最後にバチーンとくるどんでん返しなどではなくて、この物語の要でもある過去を振り返るシーン、遠い目をして復讐に燃えるギア様の爬虫類みたいな無表情の顔!!!あれには身震いするほど衝撃(笑撃か!?)が走りました。あんな顔ができるんだ!!演技というか「悩んでいる顔、オレ、やってみた!!」というような力技。これを見られただけでも価値ありかと(笑)。

しかし、短いカットを繋ぎ合わせたアクションシーンを見ているとプリティウーマンのギア様もやっぱり年をとられたんだなぁと思いました。1949年生まれ、もう60代ですもんね。「格闘シーンが多いから、撮影に入る何ヶ月も前から、肉体作りを含めた本格的なトレーニングを開始したんだ」と仰っていたギア様ですが、やっぱり格闘シーンで肩を脱臼してしまって撮影も一時中断してしまったのだそう(リチャード・ギア インタビューより)。せ、切ない・・・・・・



※ここはネタバレに少しだけ触れます※

ラストのマーティン・シーンの「CIAに来る気はないか?」という言葉。
あれは事件の顛末をあまり信用していないような長官の表情を見ていると、実は"全て"を悟った上で逆に"使える人物"としてCIAに引き込もうと思ったのではないか!?とまさかの想像してみたくなります。"彼"がアメリカ合衆国の国旗がかけられた家族の待つ家に戻るというエンディングは、ロシアのスパイを描きながらもアメリカの映画として終わったのだなぁと感じました。







それからこれだけは書いておかなくちゃ。こういった作品で定番の"おもしろ同僚役"として登場したクリス・マークエット。僅かな出演シーンながら『ファンボーイズ』のアホ可愛らしさと同様、いい味出してました。

ただですね「カシウスは◯◯◯である」と結びつける理論の意味が、私は本当にさっぱり解かりませんでした。その理論を用いたという、あんな写真を見るだけの方法も。あんな強引な導き出し方でホホ~ゥ!と納得できるものなんだろうか・・・。ま、逆にそのあまりに雑な展開にはほんとビックリでしたけれど。彼が出ていてくれてこの映画でちょこっと和むことができました(笑)。



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2012/11/19 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/12/31 (月) 17:22 No.80


こんにちわ♪

この作品、ご覧になってたのですね。
レビュー読むの逃してたーーーー!!!

そうなんですよ。
視聴者を困惑させる煽り文句の酷さには辟易です。
言われなければ普通に面白い!と思えるものも、
それがあるために楽しさ半減ですよ。
この作品だって、2回どんでん返しがあるの
分かっちゃうじゃないですか、ねぇ。

スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレを知ってる人は
少ないような気がします。
はなまるこさんは頭が良すぎて深く考えすぎて
しまうのでしょうo( 〃゜O゜〃)ゝ
ハリウッド映画は、か~るく見流す方がきっと
楽しめる。。。。。はず。。。。。

難解映画は理解できないIQの低いmia☆miaより。

mia☆mia |  2013/03/03 (日) 16:55 No.100


はなまるこより

mia☆miaさんコンバンハ~♪
コメントありがとうございます<m(__)m>

>この作品だって、2回どんでん返しがあるの
>分かっちゃうじゃないですか、ねぇ。

そうなんですよぉぉ!!ねぇ!
なんか無性に腹が立ってこのレビューは思い切り書いちゃいましたが(笑)
ああいう煽り文句で映画が楽しく観られたためしがありませんv-42
ご同意いただき嬉しく思います~i-201

あ、しかし、”頭が良すぎて”はいくらナンでもないでゴザイマスi-229
逆にほんと頭の回転が弱いので、よく映画の途中に
「え?なになに??どういうことだ???」と一人で躓くことが多いです。。。
(↑特にサスペンス系・・・ネタバレとか真相解明のシーンなんかでよくついていけてないです・・・)

それでmia☆miaさんのところで思い切って質問させていただいた次第でしたが・・・・
確かに、アレ、そうなんですよね!
あの辺りラストスパート、思い切りフルスピードで描かれてましたよね(笑)
私はカシウスを追って世界中を捜査していたんだから
現場に写っているのはアタリマエじゃないかなぁ~i-179なんてポワワンと思ったのですが、
とりあえず、写真全部に写ってればこれはもう絶対カシウスだぁぁv-91!!!みたいな
↑なんかもう、私も細かいコト忘れちゃってますが(笑)これでOKということで♪
mia☆miaさんにお聞きできてスッキリしました~i-80アリガトウゴザイマシタ♪

mia☆miaさんへ★ |  2013/03/03 (日) 21:48 [ 編集 ] No.101

コメントを投稿する 記事: 『顔のないスパイ』 (2011/アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback