お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ソフィーの世界』 (1999/ノルウェー)

   ↑  2012/03/27 (火)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ
 【DVD】ソフィの世界
●原題:SOFIES VERDEN / 英題:SOPHIE'S WORLD
●監督:エリック・グスタヴソン
●出演:シルエ・ストルスティン、トーマス・ヴァン・ブロムセン、アンドリン・サザー、ビョルン・フローバルグ、ミンケン・フォシェイム 、エダ・トランダム・グリォサイム 他
●全世界で1500万部以上、日本でも200万部を超えたベストセラー同名原作小説「ソフィーの世界」を映像化。古代ギリシャから今世紀初頭のロシアまで、時空を超える旅を重ねながら“自分探し”をする少女を通し、深淵で哲学的なテーマをファンタジックに綴る。ある日14歳の少女、ソフィー・アムンセンのもとに一通の手紙が届く。「あなたはだれ?」という一文に、不思議な気持ちを掻き立てられるソフィー。やがて彼女はその手紙に触発され、はるかな旅へと出発する・・・。



新装版 ソフィーの世界 上 哲学者からの不思議な手紙 [ ヨースタイン・ゴルデル ]


「哲学アレルギー」のある私からは一番遠いところにある映画にチャレンジ。

興味のないことに対して一切記憶力が働かない私は、高校の倫理の授業の記憶がありません(物理なんかもそう笑)。「哲学史の入門書」「一番やさしい哲学の本」という原作ですが、「生きている意味」「己の存在について」など考える暇もアタマもない私は完全に未読です、本当にスミマセン。で、この映画も観終わった後は「はぁ、そうですか・・・」で放り投げていたのですが、何となく気にかかるところがあって最近少しだけ調べ直していました。原作を読んでいない者から見たこの映画の印象は「どこかぼんやりとメリハリに欠けたものだな」だったのですが、実は今回、私はこの映画のもう一つの"秘密"を知ってしまったのです!

日本他各国でリリースされている『ソフィーの世界』DVDのランタイムは約113分なのですが、ノルウェー本国には英語字幕のついた3時間もある別バージョンのドラマ版があることが分かりました。このバージョンは、下記の4つのエピソードによって分けられています。

 1.episode Mystiske brev :謎の手紙
 2.episode Evolveris :ラテン語で"you're evolving"の意
 3.episode Den mystiske hunden :謎の犬
 4.episode Den tredje tanken :第三の思考(ヘーゲルの弁証法より三つ目の"総合")

 
この【ドラマ版】、物語の基本的な流れは映画版とほぼ同じなのですが、映画館のスクリーンにアルベルト・クノックスが現れたり、女友達ヨールンと一緒に謎の小屋へと訪れたり、"ヒルデ"が"ソフィー"の心配をする、など【映画版】では見られなかった数多くのシーンが追加されています。また、ソフィとクラスメイトのゲオルクとの淡いロマンスや、自分自身の存在が不確かなことに心揺れるシーン等ソフィの内面的な部分をより多く盛り込んだものになっており、映画版に比べれば確かに長時間ではあるのですが私はこちらのバージョンの方がより解りやすく感じました。映画で感じていた"アッサリ感"や"ぶつ切り感"は、きっとこの編集のせいだったのかもしれません。




「あなたは誰?」「世界はどこから来た?」

不思議な手紙に誘われるようにして、ギリシャのソクラテスやプラトンに始まり、ダーウィンやシェイクスピアなど、古代ギリシャから近代哲学、ロシア革命にいたる西洋の主要な哲学者や西洋思想に多大な影響を及ぼした著名人たちが次々に登場するこの映画。

時空を超えた旅をする辺りは、まるで教育番組のようでそれ自体にはさほど大きな興味を持てなかったのですが、ただこれらの背景にあるものは、教会の力や活版印刷技術によって「知識」が広がり→民衆個々人が「考え」を持ち始めて→「思想」の世界が拡大し→時代によって「価値観」が変容していく、という過程がクッキリと浮かび上がっていくものでした。なるほどなぁ・・・

西洋哲学の大まかな歴史の流れを見ると「神が世界を創った」という頑なな思想が出発点だった中世哲学の時代を経た後、近代以降の哲学は「神は死んだ」というニーチェの言葉が表すように「人間の自由」が説かれるようになっていきます。


「ソフィーの世界」が何であったのかを知り、自由・平等・平和の革命や女性の権利等「思想の流れ」を時空を超えた旅によって体感してきたソフィは「決断こそ重要だ」と言ったキルケゴールの言葉に後押しされ、"創造主"から自己を取り戻そうと!決意するのです。




映画の初めの段階でソクラテスは言いました。
「もっとも賢い人は、自分が知らないということを知っている人だ」

私は今、このレビューを書く段階になってやっと「自分が知らなかったこと」を知ることが出来て本当に良かったなと思っています。だって、"知らないこと"を知らなければ、何も始まらなかったわけで・・・まさか自分が西洋哲学について(アウトラインだけであっても)もう一度見直すことになるとは夢にも思わなかったのです。この映画のおかげだ!


現実とフィクションが交錯するこの映画は、その"映画的技法"によって哲学的な考え方を示してくれました。

『ソフィーの世界』は、西洋哲学史をシンプルに学ぶことができ、「自分とは誰なのか?」「この世界はどこから来たのか?」という問いへの出発点を探ることのできる良い"教材映画"だなとも思います。ま、私は日本人ですので東洋哲学、東洋思想、禅や仏教の方が"哲学"に触れる際アプローチしやすいのかな?とも思いましたが、今回のように映画を通して自分の苦手分野に足を踏み入れられたことは、新鮮な"発見"もありました。

世界はどうやって始まったんだろう?宇宙の果てはあるのかな?ワタシはどうして存在しているんだろう?・・・・こんなことを小さな頭で考えていた子どもの頃をちょっと思い出してしまいました。苦手な世界に飛び込んでみるのも、時には楽しいものですね!

ソフィーの世界@映画生活





関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : ノルウェー映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : ヨーロッパ映画 (ジャンル : 映画

  2012/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『ソフィーの世界』 (1999/ノルウェー)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback