レビューを書けないままの映画・・・(テオ・アンゲロプロス監督『エレニの旅』『シテール島への船出』)

私はいつも映画のレビューを書く際、作品の感想をなるべく思ったままに書こうと思っていますが、観たのだけれどもレビューを書いていない作品というのも幾つかあります。ま、大抵は「(良し悪しは別にして)自分の中に大きく残るものを感じられなかった・・・」と思うケースがほとんどなのですが・・・ところが今年も後半戦に入って暫く経ちますが、何一つ言葉が見つからず半年以上何も言えないままでいる作品が二つ残っているのです。ギリ...