『隠された記憶』 (2005/フランス、オーストリア、ドイツ、イタリア) ※ネタバレに注意!!

はなまるこ

はなまるこ






隠された記憶 [DVD]


●原題:CACHE/ HIDDEN(英題)
●監督:ミヒャエル・ハネケ
●出演: ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、モーリス・ベニシュー、アニー・ジラルド 他
●幸せな家庭生活を送るテレビ局の人気キャスター、ジョルジュのもとに差出人不明のビデオテープが送られてくる。これを発端に家族にも不穏な空気が流れ始め、不信感・恐怖感が次第に募っていく。それに伴い、ジョルジュの中で幼い頃に体験したある記憶が呼び覚まされていく・・・。2005年カンヌ映画祭では「監督賞」、ヨーロッパ映画賞では「監督賞」「男優賞」含む5部門受賞。




渋谷の桜ヶ丘から新しく移ったばかりのユーロスペースでこの作品を観た日のことは、今でも忘れられません。これまたとんでもない映画を観てしまった!というのが、まず最初の正直な感想。

鑑賞後に頭がボォーっとして記憶を辿り直す作業に忙しく、駅までどうやって着いたのか覚えていないくらい。そんな状態にまでなれるという意味では「映画」を充分に堪能できる、実に私好みの作品でした。・・・内容はともかく!ですよ。

『ファニーゲーム』『ピアニスト』とくれば、あのミヒャエル・ハネケ監督ですが、この作品を観て「あぁやっぱりなぁ・・・」と再確認させられました。【不愉快体感ムービー】ナンバー1のハネケ監督。

わかっていながら毎度うまくノセられ、煽られ、椅子から転げ落ちそうになるほど驚かされるわけです。【ハネケワールド】に飲み込まれ、キャッチコピーに振り回され、「衝撃のラストシーンを見逃すな!」と言われて「犯人は誰なの!?」と自分自身にもモヤモヤするわけですね(笑)。





さて。
この先は『隠された記憶』に関して、かなりの内容・ネタばれを含んでいます。まだこの作品をご覧になっていない方は映画鑑賞後に読まれることを強く強く強くオススメいたします!以下は、極個人的な見解です。鑑賞後のご参考までにドウゾ。






↓↓ 以下 ネタバレ 注意 ↓↓


↓↓ 以下 ネタバレ 注意 ↓↓




鑑賞中、とにかく無性にジョルジュに腹が立つわけです。

過去にマジッドに対して行った行為を受け止めることもなく、恐怖感と罪悪感でいっぱいの自分を哀れむのに忙しく、相手の話さえも聞き入れず、お前がやったのだろう!と決め付けては怒鳴り散らし、挙句の果てには文字通り「見殺し」にするわけです。

ジョルジュとは、なんて卑劣で幼稚で浅はかな男なんだろう!!と。観る側は思うのです。


そして私たちは、奇妙なビデオテープやおぞましい絵を送りつけてくる嫌がらせを行っていた犯人は一体誰なのだろう!?と、必死に謎解きを始めるのです。

ジョルジュを復讐するために、すべてマジッドが行っていたのか?いやいや、「衝撃のラストカット」でピエロとマジッドの息子が何やら話をしていたのだから、もしかしたらこの2人が黒幕なのか!?だとしたら動機は何だろう??それとも、アンが浮気をしていたようだから、これに絡んだ誰かなのか?・・・あーひょっとすると、自分で知らないうちに自責の念にかられたジョルジュが自分でやっていたことなのかもしれない!?



・・・そう思うあなたは、もう既にハネケ監督の術中にはまっているわけです。


あいつが怪しい。
誰かがきっと犯人だ。
何かがあるに違いない。


見事に辿っているんですね。映画の中でジョルジュが行っていたのと同じことをしている。

「誰か」が「何か」をやったのを見たので「怪しい」と疑うこと。

劇中何も明らかに示されていないことを、勝手に推測してはグニャリと歪んだ気持ちを引きずりながら、その人物を穿った目で見ていたのは・・・


そう、"自分"なのです。



自分が見ているものを全てだと思い込み、別のフィルターを通して見ていることも忘れ、勝手に「記憶」に翻弄され、根拠もない疑惑で他人を糾弾しようとする主人公と、自分。犯人探しをして自己満足し、安堵したいだけの愚かな姿。

「あなたの見ているものは、何なのか?」という疑問符は、既にオープニングのビデオ映像で提示されていたはず。

それなのに、断片的なシーンやせりふや“誰か”のフィルターを通した情報だけを握り締めて右往左往させられている、この危うく脆い思考回路よ。







【犯人探し】をしている限り、この映画に終わりはありません。

これは犯人探しの映画ではないのですから。

おそらく「犯人」は、(もし設定されているのなら、ですが)劇中全く描かれていないか、あるいはそのパーツを省いたり、動機や根拠を明確に描いてはいないのでしょう。いや、描くつもりもないのでしょう。

なぜなら、ビデオを送りつけて登場人物を動揺させることで物語をすすめていったのは、他ならぬミヒャエル・ハネケなのですから。


観客を劇中人物と同じ目に合わせて体感・実感させるために・・・つまり主人公と同じ立場に立たせて、自分の「罪」を棚上げにした人間を描く脚本を作った「ミヒャエル・ハネケ」こそがこの映画の「犯人」だろうと私は思うのです。

【犯人探し】をしたくてこのblogへ来てくださった方には大変申し訳ないのですが"トンデモ解釈"であっても私はこの映画をこう受け取ったのです。

何しろ、ハネケのフィルターを通して・・・つまりスクリーンを通した「映画」を、私たちはただ見ていただけなのですから。



関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
Mi-Na  
う~

見ていてイライラさせられた映画!!

2014/07/17 (Thu) 16:40 | EDIT | REPLY |   
Mi-Naさんへ★  
はなまるこより

Mi-Naさん、コメントチェックが大変遅れてしまい、返信も遅くなり本当に申し訳ございませんでした。

Mi-Na様のおっしゃるとおり、本当にひたすら主人公にイライラさせられ、ガマンガマンの2時間でした。鑑賞してからだいぶ経ちますが、ある意味、心に引っかかったままの印象深い映画として未だにずっと記憶に残っています。再見したら、また違う感想が浮かぶのかなぁ・・・と思いつつ、なかなかその勇気も出ません^^;
コメントを残してくださり、ありがとうございました!

2014/07/26 (Sat) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply