『イラク-狼の谷-』 (2006/トルコ)

はなまるこ

はなまるこ



イラク-狼の谷-


●原題:Kurtlar vadisi - Irak / Valley of the Wolves: Iraq
●監督:セルダル・アカル
●ネジャーティ・シャシュマズ、ビリー・ゼイン、ゲイリー・ビジー、ハッサン・マスード他
●アメリカによるイラク戦争で高まったイスラム圏での反米感情を背景に、本国トルコで人気のドラマを映画化して大ヒットを記録した。イラク北部のクルド人自治地区を舞台に、イラク駐留アメリカ軍の傍若無人に怒りの鉄槌を下す一人の元トルコ諜報員の活躍を描く。



先月書いた『バンテージ・ポイント』(2008/アメリカ)と対にしてupです。





この映画の大きなテーマは「アメリカ、敗北」
予告編の作りが非常にうまいです。普段見慣れているハリウッド映画の「敵味方ポジション」を逆に置き換えてみれば、すごくわかりやすい。

映画作品としての全体的な作りは、ハリウッド作品のような"洗練さ"には遠く及ばぬものの、独特のコテコテ風味と「アメリカ」「トルコ」「クルド」の三つ巴というベースがきちんと頭に入っていれば、日本人でも【ポリティカルアクション・ムービー】として十分興味深く観られると思います。

私のトルコ人の知り合いは、興奮気味に「コレが悪いヤツ!こっちが味方!!」と唾を飛ばして説明してくれます(笑)・・・が、上映当時のアメリカでは、そんな余裕はなかったようです。



まず、トルコ人が大興奮し、アメリカ人が唖然としたもの・・・それは、極悪人として出てくる「アメリカ人」「ユダヤ人」の配役でしょう。

ビリー・ゼインとゲイリー・ビジーが、もう言い訳のできないほど完璧なステレオタイプの超極悪アメリカ人として描かれています。なぜ出たんだ!?と心配してしまうくらい。

ハリウッドの比較的リベラルな俳優たちでさえ、イラクの民間人を虐殺する野蛮人の米国軍として描かれているこのトルコのフィルムに、アメリカ人俳優が参加したことにさすがにショックを受けたようです。自由の国アメリカですら、上映禁止&軍関係者は上映している映画館に近づくことも許されなかったというわけですから、その衝撃度は想像の遥か上をいくもの。



「トルコ人がヒーロー!」という知識くらいは事前に持っていたのですが、観終わってみると、流石にここまでの描かれ方でよくビリー・ゼイン(私は『ツイン・ピークス』の彼が好きだった・・・)はオファーを受けたものだなーと思い、彼のインタビューを色々探してみたんです。そのなかの1つ【ニューヨークタイムズ】のレポートによれば

「この映画の【反米】のトーンは苦ではありませんでした。戦争の惨禍は、世の中に知られるべきです」「私は平和主義者ですから、この映画によって行動を起こすことにしたのです」「私はあらゆる類の戦争に反対です」と、テレビでのインタビューで彼が答えていた
If You Want a Film to Fly, Make Americans the Heavies【The New York Times】FEB. 14, 2006: Mr. Zane, who got his start in "Back to the Future" and has a great number of grade B credits since then, said he was not bothered by the movie's anti-American tone, adding that the horrors of war should be exposed. "I acted in this movie because I'm a pacifist," he said in a televised interview. "I'm against all kinds of war." 

当時のブッシュ政権の「対中東政策」に猛反発の意を示したということなのでしょう。ま、NYタイムズ紙といえば、当時イラクの大量破壊兵器問題で誤った記事を載せたことを後になって訂正したり、政府との情報操作問題など後々色々あったところでしたねぇ・・・





「ビリー・ゼインとゲイリー・ビジー キャリアを大虐殺(A Busey-Zane career massacre?)(!!)とまでアメリカ国内で非難された一方、『ランボー』シリーズなどの所謂「米国アクション映画」などとこの作品を比較して、「自国が正義!なんていう映画はよくあるじゃないのよ」と擁護する人も勿論いたようです。・・・がしかし、この映画にはもう少し根深い問題があったんですね。

というのも、「トルコはアメリカの同盟国じゃないか!アメリカが昔作った「対ソ連」ものの映画の時とはワケが違うんだぞ!」という点。ここはもう、筋金入りで保守共和党ブッシュ寄りの【ワシントンタイムズ】がきっちり言い放っているんです。
反米主義の波に乗ったこの新しい映画は、トルコで記録的な数の観客を動員しており、エルドアン首相の妻からのコメントも承認されている。この映画の中では、ガムをクチャクチャ噛んだ米国軍人が結婚式でイラク人を冷酷に撃ち殺し、他のシーンではアブグレイブ刑務所での事件を連想させる。さらにユダヤ人医師はイラク人の囚人の臓器をイスラエルや西欧諸国に売り捌くのである。
A new film riding on a wave of anti-Americanism is attracting record audiences in Turkey and has drawn approving comments from the wife of Prime Minister Recep Tayyip Erdogan. Gum-chewing U.S. soldiers shoot Iraqis in cold blood at a wedding in one scene from the movie. In another scene, set at that the Abu Ghraib prison near Baghdad, a Jewish-American doctor harvests Iraqi prisoners’ kidneys for sale to Israel and the West. Audiences cheer film’s anti-U.S. message 【The Washington Times】 Tuesday, February 14, 2006 

確かに作品公開当時、トルコのエルドアン首相夫人は「私はこの映画をとても誇りに思います」と発表しているんですよねぇ。おまけに外務大臣やトルコの議会の議長までもが、この映画のリアリズムを称賛したそうなんです。それはもう、アメリカからしてみれば「いくらなんでもアメリカ大統領夫人や議長までもが、乱暴で人種差別主義の映画を褒めちぎったことなんか一度もないぞ!」といったところなんでしょう。同盟国から言われてしまいましたしね。





アラブ・イスラーム世界では異質な存在であり、尚且つ親米寄り立場のトルコが、自国を守るヒーロー映画を作って大ヒットしたのは、素直に国民感情を掬い上げたからだと思うのです。

これまでアメリカが"映画という娯楽"の中で見ていた「正義」と「悪」の立ち位置を単純に(といってもその関係は複雑ではありますが)引っ繰り返されただけで、今まで自分たちが平気でやっていたのと同じことされて、上映拒否までしてしまうという大国アメリカの悲しさ。

誰でも自分のアイデンティティーやコミュニティーを否定される扱いは辛いものです。ちょうど今、日本では『ザ・コーヴ』の問題もありますね。が、それに対してただやたらに感情的に猛反発して拒否するのではなく、他者からの視線が一体どこから発信されているのかを確認してみるのも悪くないのではないのかなぁ、と思うのです。

実際それが自分に向けられると意外と難しいものなのですが、でもそれができない限り、突き上げた拳の向かう先を間違えたまま私たちは生きていくことになるのではないかと感じるのです。ここにきてちょうどよい、時代を映し出すリトマス試験紙のような映画だと思います。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply