『プレイ ‐ 獲物 ‐ 』 (2010/フランス)

はなまるこ

はなまるこ




プレイ-獲物- [DVD]

 
●原題:LA PROIE/英題:THE PREY
●監督:エリック・ヴァレット
●出演:アルベール・デュポンテル、アリス・タグリオーニ、ステファーヌ・デバク、セルジ・ロペス、ナターシャ・レニエ、カテリーナ・ムリーノ、ジヌディーヌ・スアレム、セルジュ・アザナヴィシウス 他
●服役中の銀行強盗犯フランクは、出所後、愛する妻と娘と共に穏やかに暮らすことを望んでいた。しかし冤罪の主張が通り先に釈放された同房者、モレルを信頼したことから全てが狂い出す。彼は若い女性ばかりを襲う連続性犯罪者だったのだ。妻と娘が危ない・・・そう察知したフランクは、なんとか脱獄をし、モレルの行方を全力で追う。だが一方、脱獄犯として、さらにモレルの罪まで着せられ、指名手配されたフランクを、敏腕の女刑事クレールたちのチームが追跡しはじめた――。





Gyao!の【オンライン試写会】にて、2012/6/30(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショー!!の新作フランス映画を鑑賞。この試写会、今年に入ってから3本目かな?いつも楽しみです。





フレンチ・サスペンス映画『プレイ‐獲物‐』のキャッチコピーは
デジタル技術ばかりに走る現在のハリウッドが失くした本物の“映画魂”がここにある――。



最近日本で公開されるフランス映画でよく見かける顔で、いつも目力が印象的なアルベール・デュポンテル。
確かに、彼が演じる主人公、フランク・アドリアンが逃亡する際のハイウェイ逆走シーンは映画的には地味な演出の割りにエライ緊張感!

このおじさん、走るシーンなどは確実にすごく遅そう(手の振り方とか)なんだけれど、とにかく妻娘を助けたいがために火事場のバカ力が出まくっているのがその形相に表れていて、とにかくコレに圧倒されました。

それで鑑賞後にフランス語版wikipediaで確認してみたら、「アルベール・デュポンテルはボディダブルや特殊効果なしで映画のスタントを行った」と書かれていて大いに納得。全編通じて見られる満身創痍&張り付いたような緊張の面持ちは完全にリアルな表情だったのでしょう(ちょっとだけバンデラスを期待させる顔付きもプラスに働いた!)。

ちょうど前半戦終了部分で主人公が悲観に暮れる事態になるんだけれど、この後どうやって形勢逆転していくのか?が見物。ただ「どうしてあの時にコレを言わないんだろう!?」「何でこの人にアレを伝えないんだろう!?」という、ストーリー性に本気の緊迫感を求める上ではやや緻密さに欠けていて、それがスリリングな犯罪ものの映画を観る上で、個人的にはちょっとだけストレスでした。ま、その分の迫力は優秀なカメラワークが補ってくれているので、見飽きることはありません。



【PG-12指定作品】ということで、容赦ないバイオレンスを繰り広げる極悪人たちが収容されているというのになぜかあまりにポップでカラフルな刑務所のデザイン(実際もそうなんだろうか??)は可愛すぎますし、フランス警察と憲兵隊の登場など思わぬところにフランス独特の魅力が広がる映画でした。

そして、警察は主人公を→主人公は異常犯罪者モレルを→モレルは次なる標的を→・・・というタイトルにもなっている「プレイ(PREY:獲物)」を巡る三つ巴の闘いの結末は・・・まさか!の結果に。私、思わず「えー!?」と声が出たでゴザル。ここまで緊張させておいて、この衝撃のラスト・・・これはいいのか!?(笑)もう完敗です。





一つだけ、映画の内容とは全く関係ないのですがアレ?と思った点を。


クライマックスの崖のシーン。
「夜」という設定なのですが、現代では珍しく「アメリカの夜(day for night)」の如く光彩をカットするフィルタをかけたような撮影方法が気になりました。実際は日中に撮影していたようですが、夜間のシーンでこんな映像を観るのも久々だなぁ~と、大事なラストでやや気が逸れ気味になってしまった私でした(笑)。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply