『ハクソー・リッジ』 (2016/オーストラリア、アメリカ)

はなまるこ

はなまるこ






「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [Blu-ray]


●原題:HACKSAW RIDGE
●監督:メル・ギブソン
●出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヴィンス・ヴォーン、ルーク・ペグラー、ニコ・コルテス、ゴラン・D・クルート、リチャード・ロクスバーグ、リチャード・パイロス、ライアン・コア、ロバート・モーガン 他
●アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシーと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが・・・。





や~、一度目に観た時は、そりゃもうモヤモヤしましてねぇ!


真珠湾攻撃にショックを受けた主人公デズモンド・ドスが「僕だって男だ!戦場へ行って役に立ちたい!衛生兵として仲間を助けるんだ!」と入隊するのだけれど、配属されたところが(よりによって)ライフル部隊だったにもかかわらず「信仰があるから銃は持ちません!練習もしません!人殺しはしません!」と主張しまくるわけです。

「え、じゃお前何のために戦争に行くわけ?」と部隊の仲間や上司から非難轟々大ブーイングの中、なんとか「衛生兵」となって、激戦地沖縄の前田高地(ハクソー・リッジ)での戦闘に加わることに。目の前で肉片が飛び交う壮絶な白兵戦の中、ドスは武器を一つも携帯せずになんと75名ほどの兵士を救出(その中には日本兵も)し、「良心的兵役拒否者」としてアメリカ史上初めての名誉勲章が授与されることになる・・・・・なんて、一体どういう人なんだ??




うーん。「銃は持ちません」「戦争には参加したいけれど、人を殺したくありません」という主人公の主張は、結局自分が敵兵日本軍に銃口を向けられた時に仲間の"援護"で助けられるわけで、それって"自らの手は汚さずに他人に殺しをさせている"という点で同罪だと思うんだけどなぁ、とか、「他の人は殺しをやって、私は助けます」と葛藤や躊躇なく言えるところにビックリするんだけどなぁ、とか、宗教云々以前の問題として「集団行動の中で我儘を言って和を乱してはいけません」的な日本人の私にとって、同僚たちに迷惑かけまくりのゴーイングマイウェイの主張・行動にはビックリさせらるんだよなぁ、とか。

こういった疑問や消化できない部分がジャンジャン出てくるんですよ。
どうしてそうなる?なんでそう思う?どうやったらそんな行動ができるんだ!?と。




が、二度目にもう一度この物語を辿った時に気づいたのが、『ハクソー・リッジ』という映画は"戦争映画"などではなくて、"信仰心"というものを強烈に描いた映画だったのだなぁと気が付きました。

「皆は殺すけれど、僕は救いたい」という、普通ではとても考えられないこの狂気と純粋さ。 「こんなに人を助けたデズモンド・ドスはアメリカの英雄なんだよ!」といった単純なヒーロー物語でもなく、「沖縄での高田高地での戦いは凄惨極まりない酷いものだったんだよ、戦争はよくないよ!」という反戦映画でもないのです(それを期待してもいけない)。







聖書主義に立つキリスト教・プロテスタントの【セブンスデー・アドベンチスト教会】(Seventh-day Adventist Church)
この宗派の教区で育ったデズモント・ドスが、「汝殺すことなかれ」の教えを信じて信じて信じて信じて信念を突き通してとった行動が「武器は持たない。人殺しはしない(キッパリ!)」だったわけです。

だから、私がいくら「ドスの考え方ってモヤモヤするわー」と疑問を持ったって何の意味もないんですね。だってそれが彼の信仰心なのですから。ドスの核となる信念であり、確信を持った生き方。この辺、メル・ギブソン監督、有無を言わせません。



同じキリスト教の中でも、教えや主義・信仰形態などが異なるという理由から厳しく区別・非難され、保守系キリスト教徒からも異端扱いされてきたセブンスデー・アドベンチスト教会。軍隊の中でのドスもほとんど常軌を逸した人物として、ずっと周囲の人々に非難されていました。が、そんな彼の行動は、本来なら戦場に置き去りにされ失われていく運命だったはずの人々の命を救い、一転してそれは前代未聞の偉業として讃えられる存在となったのです。



つまり、カトリック教徒(しかも超保守的な伝統主義)というバックボーンを持ち、戦争や暴力の中に、ある種の人間が持つ"信仰心"というものを常に描いてきたメル・ギブソンにとっては、ドスの行為を宗教的な「奇蹟」として捉え、戦場における「英雄」と同じものとして描きたかったのだろうなと感じました。


ドスは繊細でピュアな人間なのだと思います。
神の御心に従い、神の教えに忠実な彼の姿を見て、そのベクトルが「人を救うこと」にあることにホッとします。赦されること、見守られていること、共に分かち合うこと。宗教や信仰を持つということは、ドスのように強い人間を時に生み出すのかもしれません。その"強さ"が逆のベクトルとなる狂気にも似た怖さも、勿論ありますが。


ムスリムやカトリックの友人らが心の底から神様という存在を信じている・・・・そんな面を垣間見た時に感じる「私にはきっと永遠に入り込めない領域」つまり、彼らの"信仰心"に触れた時と同じような気持ちに、この映画はさせるのです。複雑な思い、ではありますね。







そうそう。
宗教云々は置いておいて『ハクソー・リッジ』を観てどうしても書きたかったこと!


「お前はいつ死んだんだ?妖怪か!」とか「お前は先住民だな!」とか、新人たちを鍛えまくる第77歩兵師団のハウエル鬼軍曹。演じたヴィンス・ヴォーン、味があってよかったですねぇ。入隊当初こそドスを罵倒しまくって追い出しにかかろうとまでするわけですが、次第にドスの理解者として彼をバックアップしてくれるように。その大きな存在感が大好きでした。

ドスと同じ隊に所属する仲間たちのキャラも立ちまくりで、あまり知らないオーストラリア出身の俳優が多かったのですが、特に"グール(妖怪)"役を演じたゴラン・D・クルート(Goran D. Kleut)なんてもう「アダムスファミリーの再来か!?」って小躍りしたくなるくらい。素敵な俳優陣の発見が嬉しい作品でもありました。







て。

※これ以降は、映画『ハクソー・リッジ』のラストに触れる部分があります。
未見の方や、今後鑑賞予定の方はご注意ください。


  ↓      ↓      ↓



【映画パンフレット】ハクソー・リッジ


では最後に、ライターでノベライザーの相田冬二さんが『ハクソ-・リッジ』のプログラムに寄稿された「歴史を見つめ、伝説を語る映画作家・メル・ギブソン」の中で心に残るものがありましたので、ここで一部分を引用させていただきたく思います。


デズモンド少年は、弟をレンガで殴ってしまい、このトラウマが武器を放棄する契機にもなるが、彼が初めて人を救う歓びを知るエピソードで、レンガは車を持ち上げる道具となる。また、弟をレンガで倒した直後、デズモンドの父トムはベルトで息子を鞭打とうとするが、そのベルトは、前述したエピソードで傷ついた者を止血する役割を果たす。誰かの生命を奪ったり、痛めつけたりするかもしれないレンガやベルトが、同時に、人間を救う可能性を秘めていること。

相田冬二「歴史を見つめ、伝説を語る映画作家・メル・ギブソン」 発行権者:(株)キノフィルムズ 2017年6月24日


そう!これを読んだ時、私の心にはあるシーンが焼き付いていることを思い出しました。
「決して武器は持たない」と主張していたドスが、ある瞬間に意を決してしてライフルを手にしたのです。人の命を奪うはずの物が、その時人の命を救うものになるとは。

そして、兵舎にいた時は安息日のトレーニングも拒否していたドスが、二度目のハクソー・リッジで「命を救いたい」という決意のもと安息日に再び戦場へと戻るシーン。

『沈黙 -サイレンス-』では、沈黙したままの神への問いかけの中で苦悩したアンドリュー・ガーフィールドが、『ハクソー・リッジ』のラスト、安息日にもかかわらず(神の御心としても捉えたのかもしれませんが)、一人の意思を持った人間として行動を起こしたことに心揺さぶられるものがありました。



日本人として、この作品に思うことも。
浦添市のホームページへのリンクもこちらに残しておきたく思います。

『ハクソー・リッジ』の公開によせて
『ハクソー・リッジ』の向こう側 〜沖縄戦の記憶〜
『ハクソー・リッジ』〜作品の舞台をご案内します〜


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
宵乃  
観ました~

はなまるこさんの記事を読んでいたので、矛盾を受け入れられるか不安を抱きつつも鑑賞しました。見ている間はドスの信念の強さが理解できないところもあったんですが、後半はなんとか自分なりに消化できたと思います。
といっても、信仰心よりも父親との関係を中心に考えてしまいましたが…。やっぱり宗教に疎いとわからない部分がありますよね~。

>特に"グール(妖怪)"役を演じたゴラン・D・クルート(Goran D. Kleut)なんてもう「アダムスファミリーの再来か!?」って小躍りしたくなるくらい。

ホント、個性的な俳優さんでした。グールのあだなも妙にしっくりきて(それでいて嫌なイメージはない、まさにアダムスファミリー!)
他の出演作も見たくなりますね。

>ある瞬間に意を決してしてライフルを手にしたのです。人の命を奪うはずの物が、その時人の命を救うものになるとは。

このエピソードは私も印象に残ってました(その割には感想に書いてませんが…汗)レンガやベルトのエピソードがあっての決断だったんですね。
いつか再見する時は、そこら辺もじっくり見てみます!

2018/11/19 (Mon) 13:14 | EDIT | REPLY |   
はなまるこ  
★宵乃さんへ★

宵乃さん、この映画ご覧になったんですねー!!私はテレビ欄を観た時に「・・・つ、ついにTV放映か・・・」と、あの映画館戦場体験を思い出してドキドキしてしまいました。それくらい衝撃の戦場シーンでした。ドスが二度目にまた戦場に向かわなければならないシーンがあったじゃないですか、わたし血の気が引きそうでしたもん。自分なら二度と戻りたくないですから!・・・でも、ドスは「一人でも救いたい」という強い強い思いがあったんですよね。

ですから、宵乃さんがブログに書かれていた、父親や家族との関係を中心に書かれたドスの人生観(というのかな?)には深く納得でした。どういったいきさつで「自分は人は殺さない。武器も持たない」という(普通の感覚で言えばあまりに矛盾に満ちた)"信念"で戦場に行ったのかがより深く理解できたように思います。本当に有難かったです。「救いたい」という人が「殺さなければいけない」という場に向かわなければならないなんて、戦争って惨いものですよね・・・。一応録画してとっておいたので、私も勇気が出たらもう一度観直していろいろ再確認してみたいです。

むかしの記事なのに思い出してくださって、ありがとうございました^^

2018/11/20 (Tue) 22:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply